WideGrep リリースノート
WideGrepは各種の文書ファイル(ワード、エクセル、パワーポイント、Visio、PDF、一太郎、AutoCad、オアシス、メモ帳、ホームページファイル、コンパイルドHTMLヘルプファイル、Outlook Expressメール、Windows Live Mail、等々)が検索できるテキスト検索ソフトです。8/15,2000にWideGrep Express版バージョン6.07が一般公開されました。このリリースノートにはそれ以降のバージョンアップ内容および履歴が記載されています。

バージョン7.77C Express版 :5/30,2013 リリース
変更概要
★Windows XP環境で HTMファイル、HTMLファイルを検索するとエラーメッセージ「問題が発生したため、WideGrep.exeを終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。」が表示され終了してしまう場合があった。この不具合が解消されました。
★検索結果画面のファイルヘッダー部のファイルサイズ欄にZip内ファイルのケースでは間違った値が表示される場合があった。この不具合が解消されました。

バージョン7.77 Express版 :4/26,2013 リリース
変更概要
★下記の機能が追加されました。
・ANDとORを組み合わせた検索条件設定
・否定(除外)条件の検索条件設定
・パスワードが掛けられたPDFファイル、Zipファイルもパスワード入力すれば検索可能
・パスワードが掛けられたMS Officeファイルのパスワード入力を簡素化
・パスワードが掛けられたMS Officeファイル、PDFファイル、Zipファイルの検索スキップ指定機能
・PowerPointスライドショーファイル(拡張子pps、ppsx、ppsm)の検索
・キーワード入力枠のフォントとフォントサイズの変更機能
・クイック検索キーワードバーを画面一杯に広げる機能
・クイック検索キーワードバー内のキーワード入力枠を縦方向に配置する機能
・ロシア語キーワードの入力受付
・BOM無しUTF-8文字コードテキストファイルの検索
・ディレクトリ選択ダイアログ上でCtrlキーを押しながら操作すると複数ディレクトリが選択可能
・AutoCadファイル(拡張子DWG)検索にTeighaFileConverter.exeが利用可能
・一太郎2012対応
・MS-Office2010対応

★下記不具合を解消
・Windows7環境で検索結果画面を印刷すると空白ページが大量に出力されるという問題を解消
・Windows7環境で一部のポップアップヘルプが表示されない問題を解消
・Excel2003使用時、Excelファイルのテキストボックス内の255文字を越える部分が検索対象外になる問題を解消

バージョン7.74 Express版 :2/20,2010 リリース
変更概要
★正規表現による検索が出来るようになりました。
★検索結果(抽出段落表示画面)の内容を@ファイル更新時刻(昇順、降順)、Aファイル名順(昇順、降順)、Bディレクトリ名順(昇順、降順)Cファイルサイズ を組み合わせてソート再表示する機能が追加されました。
★Pdfファイルの検索ではテキストボックス内の文字列も検索出来るようになりました。
★ハンドルリークが解消されました。
★ヒットファイルリスト表示画面のスクロールバーが状況によって消えてしまうことがあるという不具合が解消されました。
★Office2007 Excelファイル(拡張子.Xlsx)のセル内の改行コードが無視されるという不具合が解消されました。
★VISTA上でOffice2007 Wordファイル(拡張子.Docx)が検索出来ない場合があるという不具合が解消されました。
★Windows XP で索引ファイルをネットワークフォルダ上に置くとエラーが発生するという不具合が解消されました。

バージョン7.72 Express版 :12/16,2008 リリース
変更概要
★次に掲げる形式の文書ファイルも検索できるようになりました。
・Word 2007 ファイル(拡張子.Docx 、.Docm)
・Excel 2007 ファイル(拡張子.Xlsx 、.Xlsm)
・PowerPoint 2007 ファイル(拡張子.Pptx 、.Pptm)
・Translation Memory eXchange ファイル(拡張子.TMX)
・XML ファイル(拡張子.XML)
・TRADOStag editer ファイル(拡張子.TTX)
・MSメタファイル(拡張子.WMF 、.EMF)

補足:
・Word 2007 ファイルや PowerPoint 2007 ファイルはWordやPowerPointがインストールされてなくても検索できます。
・Excel 2007 ファイルの検索にはExcelが必要ですがバージョンが 2007 より古くても検索できます。

★XMLフォーマット形式のファイル拡張子が登録設定(「メニュー:ツール→XML形式ファイル拡張子設定」)できます。
またXMLフォーマットを自動識別させる設定も可能です。

★WideGrepのオンラインヘルプがHTMLコンパイルド ヘルプ形式に変わりました。

★索引ファイルや索引ディレクトリを削除する機能(「メニュー:ツール→ 索引ディレクトリ初期値設定」→ 索引削除画面)が追加されました。

★クイック検索ディレクトリ バーのディレクトリ ボタンの数が増減できるようになりました。またボタンやバーのサイズも変更できるようになりました。

★ファイル名フィルタを *| とすることにより「拡張子の無い全てのファイル」を検索対象にできます。

★画面「ファイル名フィルタ簡易設定」の表示がツリー状に変わりました。

★次のコピー機能が追加されました。検索結果をExcelにコピーする場合に便利です。
・「メニュー:編集→クリーンコピー」:検索結果画面に表示される行頭マーク「 : 」、「-: 」、「+: 」を除いてコピーする。
・「メニュー:編集→逆順クリーンコピー」:行並び順を逆転してコピーする。
・「メニュー:編集→タブ区切りクリーンコピー」:改行文字をtab文字に変えたものをコピーする。
・「メニュー:編集→タブ区切り逆順クリーンコピー」:行並び順を逆転してコピーする。

バージョン7.65 Express版 :11/10,2007 リリース
変更概要
★Windows Vista上でも問題無く動作することが確認されました。

★Lzh圧縮ファイルの検索速度が速くなりました。

★Lzh圧縮ファイル内のファイル一覧がダイアログ「検索対象ディレクトリの選択」の「検索対象ファイル一覧」ボックスに表示されるようになりました。

★フラットテキストファイルの検索速度が速くなりました。

★引用メール内の引用行頭文字 > で分断されたキーワードも検索できるようになりました。

★主画面内をF3キーで検索続行した場合に画面がスクロールしないという不具合が解消されました。

★検索結果画面のカレットを矢印ボタン→↓←↑でを移動させたときに 画面がスクロールしないという不具合が解消されました。

★ヒットファイルリスト画面をダブルクリックして再検索を行うと稀に異常終了するという不具合が解消されました。

★Lzh圧縮ファイル内のファイルを検索したときに索引ファイルが毎回更新され、時間が掛かるという不具合が解消されました。

★パスワードが設定されたZIPファイルを検索すると異常終了するという不具合が解消されました。

★大量のJAVAスクリプトが含まれるホームページファイルを検索すると稀に異常終了するという不具合が解消されました。

バージョン7.63 Express版 : 6/17,2007 リリース
変更概要
★メニュー:表示 > 「折り返しなし」がオフに設定されている場合でも主画面にスクロールバーが表示されるという不具合が解消されました。

★メニュー:表示 > 「折り返しなし」がオンに設定されている場合に検索結果が表示されるつど主画面が水平方向スクロールされてしまうことがあるという不具合が解消されました。

バージョン7.62 Express版 : 6/10,2007 リリース
変更概要
★ZIP形式に加えてLHA形式圧縮ファイル(拡張子.LZH)内のファイルも検索出来るようになりました。
更にZIPファイル内のLZHファイルやメールに添付されたLZHファイルも検索できます。
LZHファイル内を検索する場合はチェックボックス[ZIP、LZHファイル内も検索]をオンにしてください。

★PDFファイルの検索機能がフルビルトインされました。これに伴い、WideGrepのみでPDFファイルの検索が出来、旧バージョンで必要としたpdftotext.exeは不要になりました。

★UNICODEおよびUTF-8文字セットを使用したメモ帳ファイル(拡張子.TXT)も検索できるようになりました。

★ショートカットのリンク先ファイルが検索出来るようになりました。
ショートカットを検索する場合にはチェックボックス[ショートカットファイルも検索]をオンにしてください。

★メール添付ファイルのファイル名にキーワード「filename=」が内部的に付加されました。なお添付ファイルが圧縮ファイル(ZIP、LZHファイル)である場合はその圧縮ファイル内のファイルにもキーワード「filename=」が内部的に付加されます。これによりメールフォルダーを検索キーワード filename= で検索すれば全てのメール添付ファイルのファイル名および添付圧縮ファイル内ファイルのファイル名が検索結果画面に表示されます。

★複数のディレクトリや複数のメールに同じファイル(ファイル名、日付、サイズが同じ)が格納あるいは添付されている場合、同じファイルが何度もヒットして検索結果画面に重複して表示されてしまうことがあります。今回、同じファイルは最初の一つしか表示させないようにすることが出来るようになりました。
なお検索結果画面に表示されなかった二件目以降の同一ファイルのファイルパス名はヒットファイルリスト画面の最後に一覧表示されます。
この重複表示をさせたくない場合にはチェックボックス[同じファイルは検索省略]をオンにして下さい。

★ダイアログ画面[全文検索条件設定と全文検索開始]のタブページ画面[主な検索条件]にボタン[その他]が追加されました。このボタンをオフ(凸)にすると標準値の設定されたオプションは表示されなくなります。

★入力枠[検索対象ディレクトリ]のドロップダウンリストに履歴として表示される[以前に検索したことのあるディレクトリ]を削除するためのダイアログ画面[検索対象ディレクトリ削除]が追加されました。
このダイアログ画面はボタン「対象ディレクトリ削除」を押すと表示されます。

★ダイアログ画面[全文検索条件設定と全文検索開始]の各オプションの上にマウスポインタを置くとツールチップヒントが表示されるようになりました。
ツールチップヒントを表示させたくない場合はダイアログ画面下部のボタン[ツールヒント オフ]をオン(凹)にしてください。

★検索したファイルのファイル名をログファイルに記録できるようになりました。
この記録を行う場合はShiftキー、Ctrlキー及びAltキーを押しながらボタン「全文検索開始」を押してください。
なおログファイルのファイル名は全文検索開始時にポップアップ表示されます。

★ツールボタン[全文検索開始]とボタン[全文検索条件設定と全文検索開始]用のツールバーが分離されました。これに伴いウィンドウ上に各ツールボタンを別個に配置出来るようになりました。
ツールボタンの位置を変更する場合はツールバーの左端をドラッグして移動させてください。

★ダイアログ画面[検索対象ディレクトリの選択]のディレクトリ単一選択モード(ボタン[複数選択]がオフ)での検索対象の指定方法が変わり、ディレクトリ複数選択モード(ボタン[複数選択]がオン)での指定方法(ディレクトリ名の行頭に付いているチェックボックスに○△×印を入力)と同じになりました。

○△×印を入力するにはディレクトリ名の先頭のチェックボックスをクリックしてください。クリックの都度、チェックボックスに空白→○→△→×の順に印が表示されます。
なおチェックボックス「サブディレクトリ内も検索」がオフのときには○印は表示されません。
○△×印の意味は次の通りです。
○印 :当該ディレクトリとそのサブディレクトリを検索。
△印 :当該ディレクトリの直下のファイルは検索するがサブディレクトリ内は検索しない。
×印または空白 :当該ディレクトリは検索しない。

★ダイアログ画面[全文検索条件設定と全文検索開始]においてオプション[サブディレクトリ内も検索]がオンであってもの検索対象ディレクトリ枠のディレクトリ名の後ろに文字 > を入力しておくことによりそのディレクトリ直下のファイルのみを検索させる(サブディレクトリ内は検索させない)ことが出来るようになりました。

★クイック検索キーワードバーのツールボタン[前クリア]が廃止されました。代わりに、メニュー[ツール]にコマンド[検索前に画面クリアー]が追加されました。

★AutoCadファイルのファイル名が長かったり、ファイル名に空白文字が混じっていると検索できないという問題が解消されました。

★索引作成時に使用するメモリ量が少なくなりました。

バージョン7.48 Express版 : 7/17,2005 リリース
変更概要
@Outlook expressのメールフォルダ内のメールが検索できるようになりました。
・「検索対象ディレクトリの選択」で Mail_メイン ユーザーを検索対象に選び、ファイル名フィルタに*.dbx(自動的にセットされます)を指定して検索を実行すれば全メールが検索できます。添付メールも検索されます。
・また例えば削除済みメールを検索の対象外にする場合はファイル名フィルタに ;~削除済みアイテム.dbx を追加してください。これは検索対象ファイル一覧で該当メールフォルダを選択して右マウスボタンを押すと表示されるポップアップメニューのサブメニュー「ファイルを検索対象外にする」選べば簡単にできます。
・なお、ユーザ名が「メイン ユーザー」ではなく、myMailUserName だとするとダイアログ画面「検索対象ディレクトリの選択」のディレクトリ一覧には Mail_myMailUserName が表示されます。
・ファイル名フィルタに拡張子を追加指定すれば該当ファイル形式の添付ファイルが検索できます。例えばファイル名フィルタに*.xlsを追加するとメールに添付されたExcelファイルが検索できます。
・検索結果画面をダブルクリックすると添付ファイルを原文照会できます。
・メール表題で検索対象を絞り込みたい場合はファイル名フィルタに ;*表題の一部の文字列*.eml を追加してください。
AOutlook expressのメールファイル(拡張子.eml)が検索できるようになりました。
Bファイル名フィルタで対象外ファイルを指定できるようになりました。対象外にするファイルにはファイル名フィルタの頭にチルダ ~ をつけてください。
Cダイアログ画面「検索対象ディレクトリの選択」で検索対象フォルダを木目細かく指定できるようになりました。
複数選択ボタンを押してディレクトリ複数選択モードにしてから、ディレクトリ選択チェックボックスをクリックすると○→△→×の順にチェックマークが変わります。
・○印のついたディレクトリはその中のファイルとサブディレクトリ内のファイルが検索されます。
・△印のついたディレクトリはその中のファイルのみが検索されサブディレクトリ内は検索されません。
・×印のついたディレクトリは検索されません。
なおオプション「サブディレクトリ内を検索」がオフのときは○印は表示されません。
DUNIX系ファイルに良く見られる拡張子の無いファイルが検索出来るように、拡張子の無いファイル名フィルタ(例えば READ*)が指定できるようになりました。
Eインターネットエクスプローラのキャシュディレクトリ「Temporary internet files」が「検索対象ディレクトリの選択」のディレクトリ一覧に表示されるようになりました。過去に検索したホームページを検索する場合はこのディレクトリを指定してください。
F検索条件としてファイルサイズが指定出来るようになりました。
G検索条件の設定によってはローマ数字文字T、U、V、W、...、]が抽出されないと言う不具合がありましたがフィックスしました。

バージョン7.46 Express版 : 12/5,2004 リリース
変更概要
@ AutoCadファイルの検索機能追加
フリーソフトDconvertCon.exeをインストールすればAutoCadも検索できるようになりました。
A 一太郎2004対応
一太郎2004がインストールされていれば複数シートを含む一太郎文書も検索できるようになりました。ただし一太郎文書内のMS-Word文書やExcel文書は検索対象外です。
B 検索条件タグ機能追加
頻繁に検索するディレクトリが複数あってそれぞれ用途が異なるような場合、それぞれのディレクトリ毎に「全文検索条件設定と全文検索開始」ダイアログの内容を格納した検索条件タグを作成し、デスクトップ等に貼りつけておくと便利です(メニュー:ツール > 検索条件タグ作成)。デスクトップに貼りつけた検索条件タグをクリックすると保存されている検索条件がプリセットされた状態でWideGrepが立ち上がります。
C 稀にリッチテキストファイルが検索できないという不具合がフィックスされました。
D 前後の表示段落数をゼロにしても1行が表示されてしまうという不具合がフィックスされました。
E段落抽出画面の所望の記事をダブルクリックしてWordやExcel上で原文の該当個所をジャンプ表示させる操作を繰り返して行う場合でのジャンプ表示速度が速くなりました(Windos2000、XP)。
Fバージョン744で検索結果をクリップボード経由で表示するように仕様変更されましたが今回、直接表示する仕様に戻されました。

バージョン7.44 Express版 : 6/14,2004 リリース
変更概要
@ VISIOファイルが検索できるようになりました。
A 主画面(抽出段落表示画面)が複数開けるようにしました。(メニュー:ファイル > 新規主画面作成)
B ヒット ファイル リスト(キーワードにマッチする段落を含むファイルのリスト)を表示する機能が追加されました。(メニュー:表示 > ヒット ファイル リスト表示)
C 第1キーワードを含む熟語(片仮名と漢字の文字列)の一覧を表示する機能が追加されました。(メニュー:表示 > 熟語リスト表示)
D マルチウィンドウ化に伴いウィンドウの整列機能が追加されました。(メニュー:ウィンドウ > 重ねて表示、タイル縦長表示、タイル横長表示)
E 同じくマルチウィンドウ化に伴いウィンドウを閉じる機能が追加されました。(メニュー:ウィンドウ > ウィンドウを閉じる、メニュー:ファイル > 閉じる)
F クイック検索ディレクトリ バーが追加されました。このツールバーを表示させると検索対象ディレクトリをボタンで切替えることができます。(メニュー:表示 > ツールバー類の表示/非表示 > クイック検索ディレクトリ バー)
G 画面テキストの折り返し表示あり・なしが切替えできるようになりました。(メニュー:表示 > 折り返しなし)
H MS-Word 2002、2003 を使用している場合に1行が1段落とみなされる不具合がありました。この不具合が解消されました。
I ツールバーの表示/非表示の切替え操作を一つのメニュー(メニュー:表示 > ツールバー類の表示/非表示)にまとめました。
J 主画面キーワード枠でショートカットキーCtrl/X、Ctrl/C、Ctrl/Vが使えるようになりました。
K 検索オプション「仮名大文字小文字を区別」をオフにしても区別してマッチ判定されてしまう不具合が解消されました。
L 検索開始時、検索ディレクトリの中に削除されたディレクトリが入っていると従来はエラーとして取り扱われた。これを検索続行するか否かを問い合わせるダイアログを表示するように変更した。
M ヘルプメニューからホームページ「よくある質問と回答」を呼び出せるようにしました。
N キャラクターセット UTF8 で書かれたHTMファイルも検索できるようになりました。
O 拡張子が .shtml、.shtm、.shm であるホームページファイルも検索できるようになりました。
P Windows2000の場合、抽出段落テキストが多いと時間が掛かるという問題がありました。これを高速化しました。
Q 変則的なファイル名のヘッダファイルを内部に持つコンパイルドHTMLヘルプファイルを検索できないという不具合が解消されました。

バージョン7.37 Express版 : 10/10,2003 リリース
変更概要
@ ダイアログ画面「検索対象ディレクトリの選択」を表示したとき、前回表示した形状と位置で再表示されるようなりました。
A Shell32.dllのバージョンが古いとエラーが発生する場合がありましたが解消されました。
これはWindows 95やWindows NT ではインターネットエキスプローラをバージョンアップしてもダイナミックリンクライブラリーShell32.dllが更新されないことがあると言う問題に対処したものです。
B Word文書の初回検索時にテンポラリファイルが削除されずに残ってしまうという不具合が解消されました。
C ZIPファイルの中のZIPファイルを検索している時に検索中止が効かないという不具合が解消されました。
D ホームページファイルの検索においてタグ内に特殊文字 > が存在するとそれ以降の文字列がテキストデータとして解釈されてしまうという不具合がありました。この不具合が解消されました。
E ダイアログ画面「検索対象ディレクトリの選択」で検索対象ファイル一覧に数千件のファイルを表示させるとOKボタンあるいはキャンセルボタンの応答に数秒かりました。これが速くなりました。
F V7.27のリリースノートでの検索キーワードの最大数は100個と言う記述は誤記でした。検索キーワードの最大数は64個です。ここに謹んで訂正いたします。

バージョン7.35 Express版 : 9/10,2003 リリース
変更概要
@ Excel文書ファイルとWord文書ファイルのテキストボックス内のテキストも検索できるようになりました。
A Excel文書ファイル内のコメントも検索できるようになりました。
B Excel、Wordの原文照会時、コメントやテキストボックス内のテキストもジャンプ表示されます。
C 平仮名と片仮名を区別せずに検索するオプションが追加されました。
D 仮名の大文字小文字を区別せずに検索するオプションが追加されました。
E「ヴぁ、ヴぃ、ヴ、ヴぇ、ヴぉ」と「ば、び、ぶ、べ、ぼ」を区別せずに検索するオプションが追加されました。
F 稀に検索キーワードにヒットしない段落が抽出されてしまうという不具合が解消されました。
G フォルダー「マイドキュメント」の無いPC環境でボタン「対象ディレクトリ変更」を押すと Runtime error が発生するという不具合が解消されました。
H 文字セットが EUC-JP である HTMLファイル内の半角カナが検索されないという不具合が解消されました。
I タグ <A> のみで構成される HTML ファイル内のテキストが検索されないという不具合が解消されました。

バージョン7.27 Express版 : 4/13,2003 リリース
変更概要
@ Windows XP の環境でも動作するようになりました。
A Office 97, 2000 に加えて、今回 Office XP (Excel 2002、Word 2002、PowerPoint 2002)のインストールされた環境でも動作するようになりました。
B PowerPointもジャンプ表示(主画面の所望の検索結果記事をダブルクリックすると元ファイルが表示され該当個所が画面に現れるように自動的にスクロール)されるようになりました。
C 主画面をドラッグ選択しているとword単位に選択されてしまうことがありましたが文字単位に選択できるようになりました。
D Excelファイルの検索結果のファイル見出し部分をダブルクリックするとエラーメッセージ表示されました。これをフィックスしました。
E FlowCharterファイル(Ver.2002〜2003、拡張子 igx)が検索できるようになりました。
F ダイアログ「全文検索条件設定と全文検索開始」のボタン「追加・変更・参照」が「対象ディレクトリ変更」に改名されました。
G ダイアログ「全文検索条件設定と全文検索開始」のボタン「対象ディレクトリ変更」をクリックすると以前のダイアログ「ディレクトリ参照」に代わり、ダイアログ「検索対象ディレクトリの選択」が表示されるようになりました。この画面はエキスプローラのスタイルに近く、使いやすくなりました。この画面からは直接ネットワークフォルダを指定できるようになりました。
またダイアログ枠をドラッグして移動することにより画面サイズが変更できるようになりました。 またボタン「検索対象ファイル一覧」を押すと「ディレクトリ内ファイル一覧」が表示されるようになりました。 この上辺をドラッグ移動するするとダイアログ内部での表示サイズの配分を変更できます。
H 一つの検索キーワード枠に複数のキーワードを空白文字で区切って指定できるようになりました。 これにより最大100個のキーワードが指定できるようになりました。 一つの検索キーワード枠に複数のキーワードを指定するにはダイアログ「全文検索条件設定と全文検索開始」のチェックボタン「検索キーワード トークン化」をオンにします。オフにしておくとフレーズキーワードと見なします。 詳細はダイアログ「全文検索条件設定と全文検索開始」のチェックボタン「検索キーワード トークン化」のポップアップヒントを参照してください。
I 英文の場合、キーワードが単語として完全に一致するもののみ抽出できるようになりました。 これにはダイアログ「全文検索条件設定と全文検索開始」のチェックボタン「単語一致」をオンにします。
J ファイルのキャッシング中止(ダイアログ「全文検索条件設定と全文検索開始」のチェックボタン「高速検索」をオフにする)とスキャン方向の反転中止(同「ファイル検索順を反転」をオフにする)を選択できるようにしました。ファイルのキャッシングを中止すると検索中に更新されたファイルもその最新内容で検索されるようになります。
K Wordファイルの索引作成を行ってもMS-Wordの履歴「最近使ったファイル」に履歴が残らないようにしました。
L 検索結果に元文書内の一部の行をヘッダとして表示できるようにしました。詳細は「全文検索条件設定と全文検索開始」のタグ「マッチング条件・表示方法」のチェックボタン「ヘッダを表示」、入力枠「先頭行番」および「行数」のポップアップヒントを参照してください。
M 検索結果をテキストファイルとして保存できるようにしました。
N 検索結果に表示されたファイルをエキスプローラ上のフォルダにコピーしたり、ショートカットを作ったりできるようになりました。 これには検索結果の所望の段落にカーソルを置き、マウス右ボタンを押すと表示されるポップアップメニューから「元ファイルをコピー」を選択します。その後エキスプローラ上のフォルダに貼り付けます。
O 検索結果画面上で選択された文字列にファイル名を追加したものをクリップボードにコピーできるようになりました。抜粋資料作りなどにおいて記事以外に出典ファイル名を記録しておきたい場合に便利です。 これには選択された文字列の上にカーソルを置き、マウス右ボタンを押すと表示されるポップアップメニューから「スクラップブック用にコピー」を選択します。その後ワープロなどの画面に貼り付けます。
P 主画面や検索条件設定画面にボタン「入門操作説明」が追加され、最低限必要な基本操作の分かり易い説明を表示できるようにしました。

バージョン7.13L Express版 : 7/21,2003 リリース
変更概要
@Indexファイル用のディレクトリ作成に失敗したときにエラーが表示されないというバグを修正。

バージョン7.13 Express版 : 9/24,2002 リリース
変更概要
@「ごく稀にハングアップする」というバージョン7.08 の不具合がフィックスされました。
A「Excelファイルを変更すると古いデータに変更後のデータが追加された形の索引ファイルが作成される」というバージョン7.08 の不具合がフィックスされました。
Bディレクトリの階層を整理するためにエキスプローラの「切り取り/貼付け」や「移動」を使ってディレクトリを移動するとファイルフルパス名が260バイトを越えるものが出来てしまうことがあります。因みにフルパス名が260バイトを越えるファイルやディレクトリは Windows のエキスプローラでは照会できません。WideGrep ではこれらのディレクトリ内も検索、照会できるようになりました。
C検索エラーになったファイルの例外ログ情報が採取できるようになりました。
DXPdf バージョン 0.92 では検索できていたのに XPdf バージョン 1.01 に変更すると検索できない(索引ファイルが作成されない)PDF ファイルがありました。これは XPdf インスタレーションのミスリードが原因でした。そこでインストール方法と記述を変更しました。これに伴いコンフィギュレーションファイル xpdfrc の内容がアップデートされました。XPdf のインストール方法は「WideGrepでPDFファイルを検索するための設定」を参照してください。
Eバージョン7.08 からWideGrep配布ファイルに同梱されているファイルの数が少なくなりました。即ち従来使用していた WideGrep.xls 、WideGrepV6.dot 、WgpDll.dll は不要になりました。一方 XPdf バージョン 1.01 用のコンフィギュレーションファイル xpdfrc が追加されました。
F検索機能への索引更新プログラム起動オーバーヘッド低減機構の組み込みにより索引更新が高速化されました。そのため存在意味が薄れた「索引一括更新」機能は削除されました。
Gオプション「最大検出段落数」が追加されました。これにより「最大検出段落数」以上の検索を打ち切ることができます。
Hオプション「1ファイル内最大検出段落数」が追加されました。これによりファイル毎に検出段落数が「1ファイル内最大検出段落数」を越えると残りの検索を省略できます。
Iステータスバーの右側に検索済みのファイル数が表示されるようになりました。
Jオプション「検索中のファイルをステータスバーに表示」が追加されました。これをオフにすると検索中のファイルパス名が表示されなくなり、若干ですが処理速度が速くなります。
K主画面上段の検索キーワード入力枠の表示件数(1〜5)が変更できるようになりました。表示数を減らすと入力枠の幅が広くなります。
L検索キーワードの履歴(Max20件)がキーワード入力枠のプルダウンリストに表示されるようになりました。

バージョン7.08 Express版 : 8/24,2002 リリース
変更概要
@Office2000やWindows2000のヘルプファイル(コンパイルドHTMLヘルプファイル、拡張子chm)が検索できるようになりました。検索後、主画面の所望の検索結果記事をダブルクリックすると該当ヘルプトピックスにジャンプして表示されます。
なお、初回の検索時には索引を作成するためにかなり時間が掛かります。(例:CPU Pentium III 700MHzのパソコンでのOffice2000のヘルプ(約100ファイル)の索引作成所要時間は約16分。)
AWordやExcelのソースファイルの照会(主画面の所望の検索結果記事をダブルクリック)時、Word(或いはExcel)上で該当個所の文字列を含む段落に自動的にジャンプして表示されるようになりました。 同じ文字列を含む場所が複数ある場合は最初に見つかった所にジャンプします。
BWordとExcelファイルの索引ファイル作成をバックグラウンドで行うようにしました。これによりWord2000の画面が索引作成時にパタパタと表示されることはなくなりました。
C主画面で「前クリア」ボタンをオンにしておいた場合、検索を実行する直前に主画面をクリアするようにしました。(以前はダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始」を表示させると同時に主画面がクリアされました)
D検索で抽出されたファイルのコピーやショートカットを手早く作れるようにしました。ヒットしたネットワーク上のファイルをローカルディスクにコピーしたいというような場合に便利です。
これには検索後に主画面に表示された所望のダイジェストにカーソルを置き、右マウスボタンを押すと表示されるポップアップメニューから「ファイルをコピー」を選択します。次にWindowsのExplorer(エキスプローラ)を使ってフォルダを選択し「貼付け」あるいは「シートカットを作成」を行います。
E検索対象ディレクトリにディレクトリ枝番(スラッシュ文字「/」を除く任意の文字列)を付加できるようにしました。WideGrepはディレクトリと枝番のペア毎に検索条件を記憶します。また枝番は長いディレクトリの目印としても使用できます。
ディレクトリ枝番はダイアログ「全文検索条件設定と全文検索開始」の入力枠「検索対象ディレクトリ」の中に次のフォーマットで表示されます。

    表示フォーマット: <ディレクトリ枝番> / <検索対象ディレクトリ>

ディレクトリ枝番を付与するには「追加・変更・参照」ボタンをクリックすると表示されるダイアログ「ディレクトリ参照」の入力枠「ディレクトリ枝番」に枝番を入力します。
また入力枠「検索対象ディレクトリ」のディレクトリ文字列の前に直接入力しても構いません。この場合、枝番とディレクトリの間には必ずスラッシュ文字「/」を挿入してください。
注意1:ディレクトリ枝番を入力しても検索を実行しないと記憶保存されません。
注意2:ディレクトリ枝番を上書き変更しても元のディレクトリ枝番は残ります。不要になったものはボタン「対象ディレクトリ削除」で削除してください。
注意3:旧バージョンを動かすとディレクトリ枝番データは消滅します。旧バージョンとの併用は避けてください。
Fバージョン違いのWord(或いはExcel)が重複インストールされている場合でもアプリケーションプログラムが検出できるようになりました。
G英文PDFファイルが検索できないというバージョン6.74のバグを修復しました。

なお当バージョンアップにあたり梅沢様、林様、佐藤様、その他多くの方々から貴重なご意見ご示唆をいただきました。ここに御礼申し上げます。

バージョン6.74 Express版 : 5/11,2002 リリース
変更概要
@“バージョン6.73或いは6.72で圧縮ファイルZIP内のExcelファイルを一括更新するとマイクロソフトWordのマクロが起動してしまう”というバグを修正しました。
・バグの実質的な影響は(1)検索結果表示画面上でワークシート情報が表示できなくなる点と(2)索引一括更新を実行している間にExcelファイル毎にMS-Wordからポップアップ画面が表示される点です。
・なおバージョン6.72または6.73の当機能を使用された方は索引ファイル*.xls.wgp を削除してから検索あるいは索引一括登録を行ってください。
Aダイアログ画面「検索対象ディレクトリ」の画面サイズを大きくしました。
Bダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」のボタン「索引一括更新」を間違ってクリックしてしまわないように左端に移動しました。
C主画面の検索キーワードがダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」の検索キーワードとして引き継がれるように改善しました。
D“ダイアログ画面「ディレクトリ参照」で指定したオプション「ZIPファイル内を検索」がダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」に反映されない”というバグを修復しました。
E前バージョン6.73のリリースに際してドキュメント上とプログラム上とでバージョンの表記に相違があるという問題を解消しました。

バージョン6.73 Express版 : 5/6,2002 リリース
変更概要

@ネットワーク関連機能の強化
・ネットワーク上のディレクトリをブラウザ形式の画面で指定できるようにしました。
これは検索対象ディレクトリの設定に使用するダイアログ画面「ディレクトリ参照」のボタン「ネットワーク参照」をクリックすると表示されます。
・索引ファイルの格納場所を指定できるようにしました。この機能によりネットワーク上のファイルの検索が容易になりました。

A索引ファイル同期機能の強化
・今回ネットワーク上の文書を検索できるようにしましたがネットワーク上では知らない内に文書の入替がおこなわれます。古い日付のものに入れ替わったり、少しだけ新しい日付の文書に入れ替わったりします。そこで文書のファイル更新時刻が前回検索した時のものから変わっていれば索引ファイルを更新するようにしました。
尚、以前のバージョンでは索引ファイル作成以降に文書が更新された場合に限り索引ファイルが更新されました。
注:この機能の追加に伴って以前のバージョンで作成された索引ファイルは全て再更新されます。旧バージョンで作成した索引ファイルが大量にあって再更新が終わるまで待てないと言う場合はダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」の中のタブ「索引ファイルの設定」の中のチェックボタン「Ver6.52以前の索引ファイルはそのまま使用」をオンにしてください。この場合、以前の索引ファイルは以前の更新ルールに従って更新されます。

B更新時刻指定機能の追加
・検索対象ファイルのファイル更新日を範囲指定できるようにしました。
なおZIPファイル内を検索する場合、ZIPファイルの更新日ではなくZIPファイル内のファイルの更新日が選択の対象となります。
・検索結果画面にファイル更新時刻を表示するようにしました。

C索引一括更新機能の強化
・ZIP圧縮ファイル内のファイルの索引も一括更新できるようにしました。
・索引一括更新の対象ファイルの選択条件はダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」で指定するようにしました。
・索引更新処理中のファイルの名を主画面ステータスバーに表示するようにしました。
・WideGrepを終了するとWordやExcelでの索引ファイル更新処理が自動的に中断終了するようしました。

D検索速度アップ
・英文字文書の検索がより一層速くなりました。
・ZIPファイル内の文書の検索がより一層速くなりました。
・PowerPointファイルの索引ファイルを保存するように変更しました。これにより大きいPowerPointファイルの検索がより速くなりました。

E抽出機能の強化
・PowerPointファイルのタイトル行も検索できるようにしました。
・検索条件として「段落判定単位(段落数)」を指定できるようにしました(ダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」の中のタブ「マッチング条件・表示方法」の中の「段落判定単位(段落数)」)。例えば「段落判定単位(段落数)」を3と設定すると、連続する3段落があたかも一つの段落とみなされて検索マッチング判定が行われます。箇条書きなどの短い段落が多い文書やキーワードの出現密度が低い文書を複数キーワードでかつAND条件で検索する場合に効果を発揮します。

Fメニューや画面などの体裁の変更
・ダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」をプロパティシート形式に変更しました。
・索引の一括更新はダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始指定」の「索引一括更新」ボタンから行うようにしました。これに伴い主画面の「ツール」メニューからのエントリーは削除しました。
・主画面ステータスバーに表示される検索中のファイルのファイルパス名が長すぎて表示しきれない場合、中間のディレクトリ名を省略して表示するようにしました。なお省略部分は"--" と表示されます。
・主画面のツールボタン「全文検索条件の設定と全文検索開始」を追加し、計2個を配置しました。2個とも機能は同じです。

Gその他
・WideGrepで使用するワークファイルをテンポラリディレクトリに置くようにしました。書き込み禁止領域の多いパソコン環境でも動作に支障することが殆どなくなりました。
・PowerPointファイルのテキスト照会機能を追加しました。
・検索対象ディレクトリの設定に使用するダイアログ画面「ディレクトリ参照」にZIP内ファイルも表示できるようにしました。

H注意事項
・旧バージョンとの並行使用は避けてください。旧バージョンで検索を行うと新バージョンで追加された検索条件オプションの設定値がクリアされるので再設定が必要となります。

なお当バージョンアップにあたり多くの方々から貴重なご意見ご示唆をいただきました。ここに御礼申し上げます。

バージョン6.52 Express版 : 9/16,2001 リリース
変更概要
@空白文字を含むキーワードの曖昧検索の取り扱い方を分かり易くするためにポップアップ情報表示を増やしました。また空白文字に関するオプション「重複する半角空白文字を無視」と「全角文字前後の半角空白字を無視」をダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始」に追加しました。
AExcelのシート名を検索結果画面に表示するようにしました( 表示例:---<< Sheet1 >>--- )。またステータスバーのファイル名の横にもシート名を表示するようにしました( 表示例:C:\My Document\my.xls <<Sheet1>> )。
B右マウスボタンを押すと表示されるポップアップメニューに「ファイル名とシート名を表示」を追加しました。ここから検索結果ダイジェストの該当ファイル名とExcelシート名をポップアップ表示できます。
CZIPファイル内検索設定のオペレーションガイドを強化するとともに分かり易くしました。
Dソースファイル照会時(検索結果をダブルクリックしたとき)にクリックした個所がクリップボードに自動コピーされます。このコピーする文字列の最大文字数を指定できるようにしました(ダイアログ画面「照会ビューアの設定」のエディットボックス「クリップボード自動コピー最大文字数」)。
またExcelファイルの場合はダブルクリックした個所の前後のセルのデータを割愛してクリップボードにコピーするようにしました。
クリップボードにコピーされた文字列はショートカットキーShift/InsertまたはCntrl/Vを使ってソースファイルを照会するプログラム(MS-Wordなど)の検索キーワード入力枠に貼り付けることができます。この方法は原文照会で検索抽出個所を表示させるときに便利です。
E検索終了時のブザー音をオン・オフできるようにダイアログ画面「照会ビューアの設定」にオプション「検索終了時にブザーを鳴らす」を追加しました。
Fダイアログ画面「全文検索条件設定と全文検索開始」のオプション「全角文字半角文字を区別」がオフのとき全角長音記号"ー"、全角マイナス記号"-"、半角長音記号"ー"、半角マイナス記号"-"を区別しないようにしました。
G検索結果画面終端にカーソルを置くとメモリエラーを起こす問題をフィックスしました。
HWindows2000で検索結果画面をダブルクリックするとスピンを起こすことがありましたがフィックスしました。
IWindows2000でPageUp、PageDownを行うとハングアップすることがありましたがフィックスしました。
JNTでPDFファイルの索引が作成できないことがありましたがフィックスしました。
Kキーワードが漢字一文字の場合に該当しないものを稀に抽出してしまうことがありましたがフィックスしました。
Lオプション「全角文字半角文字を区別」がオンのときキーワードの中の全角文字 ・「」 がカラー表示されないバグをフィックスしました。
M極めて稀にHTMLの文字コードセットの誤認が原因でHTMLファイルが検索抽出されないことがありましたがフィックスしました。

バージョン6.46 Express版 : 8/6,2001 リリース
変更概要
@PowrPointファイルが検索できるようになりました。
APDFファイル (ポータブル ドキュメント フォーマット ファイル) が検索できるようになりました。これにはフリーソフト pdftotext.exe と gzip.exe のインストールが必要です。このソフトはAnoSoftサイトのダウンロードページ (http://homepage2.nifty.com/AnoSoft/dwnload.htm) から入手できます。
BシフトJISに加えてEUCコード或いはJISコードで書かれた日本語ホームページ ファイルも検索できるようになりました。
C検索結果画面の該当記事をダブルクリックした時、拡張子に関連付けされているアプリケーション プログラムでファイルを表示させるオプションが追加されました。これに伴い「照会ビューア設定」ダイアログが変更されました。
Dホームページファイルのソース部分を直接検索するオプションが追加されました。
Eバージョン情報ダイアログに索引DB作成プログラムのインストール状態が表示されるようになりました。それに伴いポップアップヒントの機能も追加されました。
FExcelファイルのシート数の上限値を 30 から 100 に拡張しました。
G従来、説明文などで「テキスト変換」と呼んでいたものを誤解を避けるために「索引DB登録」あるいは「索引ファイル作成」と言う用語に変えました。
H「バージョン情報」ダイアログにポップヒントヘルプ機能が追加されました。

バージョン6.37 Express版 : 5/13,2001 リリース
変更概要
@Windows 2000で使用したとき主画面のマウス操作の反応が極端に遅くなる場合がありましたが今回改善しました。

バージョン6.35 Express版 : 4/16,2001 リリース
変更概要
@Option画面のディレクトリボックスにディレクトリ名を直接入力できるようにしました。
A主画面キーワード枠のカットアンドペーストを編集メニュから操作できるようにしました。
B全文検索条件設定ダイアログのキーワード枠のクリック時の動作を主画面のキーワード枠と同じにしました。
Cバグ(フロッピーを差し替えても読み直さないことがある)をfixしました。

バージョン6.31 Express版 : 3/14,2001 リリース
変更概要
@検索キーワード入力枠の日本語入力変換モードが維持されるようになりました。
A英数字や特殊文字及び片仮名の全角半角を区別せずに検索する機能が追加されました。
Bその他

バージョン6.23C Express版 : 1/29,2001 リリース
変更概要
@バージョン6.22および6.23においてファイル名フィルタ簡易設定で全ワープロ文書あるいは全表計算ファイルを指定した場合、検索条件としてオプション「サブフォルダも検索」を指定しないとファイル検索が行わなれなかった。このバグがフィックスされました。
Aヘルプファイルの一部が改定されました。
Bポップアップヘルプの漏れが修復されました。

バージョン6.23 Express版 : 1/13,2001 リリース
変更概要
@バージョン6.22のバグ(主画面で検索キーワードを指定して直接検索を行うと検索が空振りに終わることがある)が解消されました。
A検索開始前に自動的に画面をクリアするか否かを選択するツールボタン「前クリアー」が主画面のツールバーに追加されました。

バージョン6.22 Express版 : 12/29,2000 リリース
変更概要
@MS-Word以外の下記のアプリケーションファイルも検索できるようになりました。
・ワープロ文書(一太郎、ライト、ワードパーフェクト、オアシス)、
・表計算ファイル(マイクロソフトExcel、Lotus-123、DIF、SYLK、Quatropro)
A検索キーワードの指定と検索の開始が主画面から直接できるようになりました。
B簡易設定ダイアログ画面が追加されました。これによりファイル名フィルタが簡単に(拡張子を覚えていなくても)設定できるようになりまた。
Cバイナリファイルの検索において検索漏れが発生するバグをフィックスしました。

バージョン6.16 Express版 : 11/3,2000 リリース
変更概要
@圧縮ファイル(ZIP形式)内の検索が出来るようになりました。
Aヘルプの内容を充実させました。
Bポップ ヒント ヘルプ機能を装備しました。これによりメニュやコントロールボタンの機能
や使い方がすぐに分かるようになりました。
・主画面の場合はクエッションマークと矢印の付いたボタン"↑?"を押してからニューやボタンや主画面をクリックしてください。クリック個所に対応したヘルプが表示されます。
・ダイアログ画面の場合はクエッションマークの付いたボタン"?"を押してからボタンや入力枠
をクリックしてください。クリック個所に対応したヘルプが表示されます。
Cメニューやコントロールの見出しや警告メッセージを全て日本語化しました。
Dワード文書の初回変換はディレクトリ毎にまとめて処理するようにしました。これにより変換
時間が短かくなりました。
Eインストール方法を単純化しました。

バージョン6.07 Express版 : 8/15,2000 一般初リリース
@ワード文書やエクセルファイルも検索できる初めての検索ソフトとしてリリースされました。

ダウンロードのページに戻る

AnoSoftとWideGrepの公開ホームページ(ミラーサイト)一覧
   anosoft.org
   anosoft.html.xdomain.jp
   anosoft.world.coocan.jp
   homepage2.nifty.com/AnoSoft/

トップページに戻る

Written by AnoSoft, 4/14,2016.